スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フンガースイング」VS「マイルドスイング」

今日のテーマはスイングの力感について。

これでタイトルが何となく分かります?(笑)

普通に打って7番アイアンで150Y飛ぶとした場合
今日の練習のスイングは、自分の中のイメージとしては
100Y飛ぶか飛ばないかという感じの力感でした。
なんと申しましょうか。
軽く素振りをしているみたいな感じでボールを打ってました。

ですが、後方で見ておられた教祖様は「今までと距離変わらんのちゃう?」
というお言葉を頂きました。

しかしながら、自分の中では100Y飛んだらええ方やで〜
なんて思いながら打っていると、ボールの音なり球の威力を見ると
「もしかしたら、150Y飛んでる?」
みたいに感じました。

自分の中での150Y飛ぶ力感というのは、トップの位置から
「フンガーー!!」と力を込めた感じのスイングなんです。
例えるなら、石川遼プロが大切なパットを沈めた時に見せる
前のめりになりながら片足立ちでするガッツポーズみたいなところかな。。。?

でも、今日のスイングで同じ距離が出るとするならば
「ふわっ♪」と軽やかな感じのスイングです。
これも例えるなら、チェ・ナヨンプロがパットを沈めた時に見せる
カップに入る前に左手で徐々にパターを上げながら、入った時に
軽く見せるガッツポーズみたいなとこですかね。。。?
(ちなみにチェ・ナヨンプロでなくても誰でもいいんですけどね・・・
 単にチェ・ナヨンプロが好きなだけなんです(汗))

前者の方は見た目にも力を込めたスイングで後者はまろやか〜なスイングだと
思います。
それらを名付けるとするならば

石川遼プロガッツバージョン・・・「フンガースイング」
チェナヨンプロガッツバージョン・・・「マイルドスイング」

とでもしておきましょう。

ものすごくこじつけっぽい気もしますが、そこは軽く流してください・・・

前置きが長くなりましたが、自分の目指すスイングは後者の「マイルドスイング」でして
これをようやくおぼろげながら見つけれたのかと思います。

明後日にラウンドがありますので、その時に「マイルドスイング」を心がけて
距離を見てみます。
「マイルドスイング」感覚の力感と距離が150Yであれば、自分の中でも納得出来ると思います。
そこで違いがあれば、教祖様に相談します。

今回のラウンドは「フンガースイング」を封印出来るかどうかに掛かっています!

報告ブログで、「フンガー!!」の使う意味がどうなるかをご期待ください!

次回のブログは
「わってぃーフンガーをどう使う?」の1本です!
次回をお楽しみに〜
じゃ〜んけ〜んほい!(チョキ)
「フンガ・フッフッ」

サザエさん風に締めてみました!(笑)

日々精進!日々感謝!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

悶々わってぃ

Author:悶々わってぃ
綺麗と言われているゴルフスイングを捨て
一種の宗教団体「異振の会」に入信しました(笑)
教祖に教えを頂きながら日々自分を高めていきます!
更新もぼちぼちになるかも知れませんが頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。