スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀の侍 Part 2

昨日に引続き、滋賀のお侍のお話をお送りします!

とその前に。
昨日は江戸時代の侍風でお送りしましたが、本日は龍馬伝仕立てで
お送りしたいと思いますので、お付き合い下さいませ!

まずは、登場人物のご紹介をしておきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
滋賀龍馬    ・・・ 滋賀の侍(今回の主役)
勝佳太郎    ・・・ メゾンゴルフ店主(師匠)
エクステ半平太 ・・・ 徳島エクスタシー様(悶絶ゴルフのブログ時々バイク著者)
異振総連所   ・・・ メゾンゴルフ
わってぃ弥太郎 ・・・ 自分(悶々わってぃ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日も話した通り、龍馬は熱心にスイングに励んでおったがじゃ。
それを傍で見ていた勝先生が遂に龍馬の腰を取り、熱心に指導を始めたがぜよ。
P3090055.jpg

この時、すでに龍馬は熱い男の片鱗を見せちょったがぜよ。

時を同じくして、横では半平太が勝先生とアドレス理論を内密に語り進めておったがぜよ。
P3090059.jpg

それが後の勝先生のアメフトボールアドレスに繋がったがじゃ。(前日記事参照)

それから約1時間、龍馬は色んな刀を模索しておった。

時は過ぎ、異振総連所の1階でコーヒーを酌み交わしながら談笑しておった。
その時、不意に龍馬がこう切り出したがじゃ。

龍馬 「この辺に打ちっ放しはないですろうか?」
勝先生「はい?」
弥太郎「この辺じゃと、青春かリンクスになるがじゃ」
勝先生「まさか・・・今から行くのかい?」
龍馬 「ちょっと距離を見たいと思いましたき。
    どこぞにあれば帰りに寄ってみようかと考えてます」
勝先生「元気やな〜」
龍馬 「明日にしてもええじゃけんど・・・」
弥太郎「一緒に行ってみるかえ?」
龍馬 「行くぜよ!」

あっと言う間の出来事じゃった。
竜馬と弥太郎は、異振総連所クラブを片手にリンクス(打ちっ放し場)に向かったがじゃ。

リンクスに着くやいなや、早速練習に取り掛かったがじゃ。
2人して、柔重クラブを持ち打ち始めたがぜよ。
P3090086.jpg P3090076.jpg P3090087.jpg

わしが持って行ったクラブは総連所一番の柔重クラブやったき、とんでもないことに
なったけんど、それは次回の機会に報告するとして、龍馬はええ球を打っておったがぜよ。

けんど、トップ位置で迷いを持ってる感があり、迷いが無い時はええ球を打っておったが
少し迷いがある時は、「ふんがー!」感が出てしまっておったがじゃ。
それは龍馬本人も分かっておったがじゃ。

距離も龍馬が納得するものではなく、少し苛立ちを隠せずにはおったが、近い将来には
「これが日本の夜明けぜよ〜!」
と叫ぶ日も遠くないと感じたがぜよ!

そして、特訓を終え竜馬は軍艦に乗り滋賀まで帰っていったがぜよ。

おわり。

注)この物語は事実をもとに構成しておりますが、登場人物の名称等
  一部事実とは異なる内容も含まれております。


なんとなく足早に進めた感は否めませんが、滋賀のお侍との1日が終わりました。
無事に帰り着かれたとの連絡があり、ほっとしております。

でも、本当に彼は伸びる要素が満載な気がします!
独学でここまでのスイングが出来る人は他を探してもそうそういませんし、新しい武器を手にすれば
本当にあっという間に極めてしまいそうな気もします。

今回は初めてお会いさせて頂きましたけれども、驚きと感動と自分喚起が出来た出会いでした。
本当に感謝です!

龍馬さん!あざっした!!
次回お会いできるのを楽しみにしております!!


それでは、今日はこの辺で。

日々精進!日々感謝!
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

滋賀の侍

昨日の土曜日。
侍が名刀を求めて刀匠 河崎メゾンに現れました!

その侍は海を越え、滋賀より参られた。

先日も突如現れ、刀匠を唸らせ、メゾン辛口ご意見番のめざせ72の
JIN様を黙らせたともっぱら噂のお方でござった。

拙者は入れ違いとなりお会い出来ずにおったが、昨日メゾンに馳せ参じた折に
表に滋賀ナンバーの白馬が止まっており、もしや!と思いのれんをくぐると
お侍がおられた。

色々と話しておると、お侍と拙者は気が合うことも判明した。

P3090068.jpg

拙者が世に広めようとしている、桜シャフトを良いとおっしゃられておった!
やはり、分かる方は分かるんですの〜
証拠に、1本だったクラブが2本に増えておるしの!

それはさておき・・・
スイングを見させて頂くと、刀匠やJIN様を唸らせるのが分かりました・・・

お一人でよくぞここまでのものを身につけておられる!!
まさに刀匠が我らに教えられていることが出来ておられる。
本当の侍の姿を見せて頂いた!
感服しました!

P3090058_20130310224201.jpg  P3090056.jpg

自分に合う 名刀 を求めて、色々な刀を試しておられた。
その熱心さにも感服した!

今まで、軽くて硬い刀を使用しながら、このスイングをしておられて
この刀匠の刀を手にしたら試したくなる気持ちは良くわかります。

奥方にも、「本日、刀を仕立ててもらう!」と宣言されて来ておられる程の
お侍の熱意を拙者は感じたでござる。

ここで、刀匠のお姿も見て頂こうかの。

P3090061.jpg P3090060.jpg

本当は究極を求めた最終形の打法があったのじゃが、拙者のカメラに
データがなかったので、上の写真を載せておくでござる。
腹が出た想定で、アメフトボールを服に仕込んでアドレス出来ずに格闘している
姿でござる・・・

お侍とのお話にはまだ続きがあるが、次回にするとするでござる。
本日は、刀匠の姿で失礼するでござる。

では、また!

日々精進!日々感謝!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

スライド(体重移動)

皆さん、こんばんわ!

本日は名古屋からお送りします!(笑)

さてさて、今日は自分が「ゴルフバカ」なのか「単なるバカ」なのかは分かりませんが
ホテルの机の真ん前に鏡があったもんですから、その前でシャドーをしていますと驚きの事実を
目の当たりにしました!!
(ちょっと大げさですね・・・)

それは何かと申しますと、スイング時の体移動距離と言いますか横の動きが
びっくりするくらい大きいことに改めて気づいたんです!

①まずはアドレスの位置
 スイング正面
 ⇒鏡の正面にいます。
  素敵な僕が引き締まったブヨブヨな体で写ってるでしょ♪

②次にトップの位置
 スイング右
 ⇒鏡の右側に体がはみ出してるのわかります?
  はみ出してるんですよ!
  わずかに背中が見えてるくらいですね。

③最後はインパクト
 スイング左
 ⇒これまた鏡の左側に体がはみ出してしまってます。
  ていうか、完全に消えてます・・・
  (肘が写っているのは自分の目線でカメラを構えてるんで写ってるだけで
   本当は完全に消えてるんです)


これ全部、自分の目線で写してます。


これって、巷では「スェ〜」って言うんですよね?
でも、これは本当は「スライド」って言うんです。
(これ師匠の受け売りですけど・・・)

「スェー」って、本来はスタンス幅からはみ出すことを言うんです。
でも、これはスタンスの幅の中に収まってるんですよ。
だから、決してスェーではないんです!!!

以前の自分のスイング(巷で流行りのスイング)の場合、
背骨を軸に回転してトップに持って行って、アドレスの位置でインパクトを迎えなさい!
なんてなことを言われます。
上の写真と同じ目線で写真を撮ると、どこの状態でも鏡に自分が写ってると思います。
(同じ位置では写ってないでしょうけど・・・)

でも、本当にアドレスの位置でインパクトを迎えようとすれば、今回の写真の様なことに
なるはずなんです。

細かいことを書くと、相当な長文になるんでこの辺でやめときますけど・・・


これが、僕の取り組んでいるスイングの基本です。
これが、本当のゴルフスイングの基本です。

この記事を読んで頂いている皆さん!!
本当のゴルフスイングを身につけて見ませんか?

ここに連絡すれば、惜しげも無く教えてくれますよ!


メゾンゴルフ

http://maisongolf.blog.fc2.com/

徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel/Fax(0883)36-9292
e-mail maisongolf@sky.plala.or.jp 



是非、一度ご連絡を!!


しかし、ほんまによう動いとるな・・・(笑)

ちなみにインパクト時の写真が他の2枚と目線の高さが違うところに注目された方は相当なもんですよ!


それでは今日はこの辺で。

日々精進!日々感謝!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

懐中電灯

今日は帰宅してから子供の探しものをしに夜風に吹かれながら
懐中電灯を片手に外をうろちょろしておりました・・・

結局探しものはみつからずじまい・・・(T^T)

仕方がないので、タバコをふかしながら懐中電灯を振り回しながら遊んでました。
しまいには、懐中電灯でシャドースイングを始めてました(笑)

懐中電灯

で、そこである事に気づいたんです。

今の自分のスイングでシャドーをすると、懐中電灯の光(以下、光線)が
上に向いたままなんです!
わかります???

アドレスの時点では当然のことながら光線は下向きなんですけど、トップ位置から
フォロー位置までは上を向いたままなんです。
しかも光線の移動は自分の体の幅程度の移動しかしていません。

試しに以前の自分のシャドースイングをしてみたところ、右から上から下から左にいたるまで
全てに光線が向くんです。

今のスイングの場合、トップ位置からそのまま左手を押すだけなんで光線が下を向かないんですね。
(実際のスイングはクラブの重さと重力で下に勝手に落ちるんで当たりますけど・・・)

以前のスイングは肩を右に向けて、腕を上に上げて、脇を締めたまま振り下ろして
インパクトの位置で手首をこねて左に向かせてフォローの位置に持ってくる。
だから光線はあらゆる向きを指すんですね。

これって、くだらないことかも知れませんけど、自分の中ではかなり面白い現象でした。

機会があったら皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

ですが、くれぐれもご近所迷惑にならないようにお気をつけください!(笑)

ちなみにお奨めの懐中電灯はLEDで球数が多いやつの方がわかりやすいですよ!

ではでは、今日はこの辺で。

日々精進!日々感謝!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

異振クラブとの出会い②

以前の記事からの続きです。
何故キング(物欲)が真逆のクラブを使いだしたか?
からでしたね。

実際のところ何の思い入れもなかったんです。

元々自分のクラブは
ドライバー キャロウェイ レガシー
アイアン タイトリスト マッスルバック
ウェッジ クリーブランド

だったんです。

その当時の異振の会道場は、とある練習場の一角を使用した工房でして
その練習場に通っている内に教祖様と知り合うことになりました。
教祖様と話してる内に、色々とスイングについて教えてもらえる様になり
ドライバーをちょっと変えてみない? という話しになり、物欲キングの私は
「何か変わるんやったら面白そう」っていうくらいの気持ちで
ヘッドにゲルを注入してもらい重くしてもらいました。

その時も「あっ。重くなったな〜」程度の感じで特に強い印象もなく
時を過ごしていました。
そうこうしている内に、アイアン作ってみるか!なんてことになりまして
現在のマッスルバックアイアンを作ってもらったんです。
(マッスルバックの顔が好きなもんで(^_^;))
作る際に、教祖様からシャフトを「スチールにする?カーボンにする?」って聞かれた
記憶がありますが、その時は何の迷いもなく「当然スチール!」ってことで
今の前身のアイアンが出来たんですね〜。

そこから練習を重ね、少しですが使いこなせた気になってコースに出ては
はしゃいでましたよ。

やっぱりそんな輩には試練が訪れるものでシャンクが止まらなくなってきたんです。
それと同時に、気分転換も兼ねて教祖様に「ウェッジ何かいいものないですかね〜」と
相談したところ、「その言葉を待ってたんや!」と言われて作ることになったんです。

その言葉に「ん??どういう意味??」とは思いつつも、特に深く考えることもなく
お願いすることになったんです。

この言葉。いやそれ以前のドライバーからの一連の流れが
教祖様のお導きだったということはつゆ知らず。。。

今日はこの辺で。
この続きは次回に書きたいと思います。
プロフィール

悶々わってぃ

Author:悶々わってぃ
綺麗と言われているゴルフスイングを捨て
一種の宗教団体「異振の会」に入信しました(笑)
教祖に教えを頂きながら日々自分を高めていきます!
更新もぼちぼちになるかも知れませんが頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。